暮らすひと暮らすところ STUDIO/SHOP暮らすひと暮らすところ STUDIO/SHOP

clock/tone

toneシリーズは、高岡銅器の着色技法により塗料を使用せず銅素材が持つ特性を利用して着色されています。職人による手仕事のため、表面のムラや発色に同じものはありません。永く使う程に素材感を増すことが特徴です。
何気なく時計を眺めると、何気なく時が過ぎている。
錆色と銅の輝きで、移り行く季節を感じるように、時の流れを感じることが
できるかもしれません。革の紐を壁にかけて、暮らしが進んで行きます。